イライラ解消

チーズの種類の詳細

誰もが好きな食材であるチーズ、いったいどんな種類があるのでしょうか。
まずは「プロセス」―私たち日本人の舌に特に合う、癖の少ない、加工されたチーズです。
店舗では、スライス状のチーズやピザ用のチーズなども多く販売され、たくさんの人に愛されています。
栄養価も高く、食べやすいのが特徴です。

次は、「カマンベール」―お土産などとしても人気のカマンベールは、チーズそのものに白カビを繁殖させて作るもので、独特の味わいとコクが人気です。
癖はありますが、そのためにお酒のおつまみにも良いですし料理にも使われます。

「ゴーダ」はオランダで特に人気の高いチーズであり、日本でもよく食べられるチーズです。
表面がつるつるしているのが特徴で、香り高さと日本人にも合う風味が特徴です。
パンやケーキその他いろんな料理にマッチします。

通称「粉チーズ」とも呼ばれる「パルメザン」は、パスタやピザなどに振り掛けるために良く使われるのを目にします。
カロリーが他のものに比べて若干高い分、含まれるカルシウム豊富です。
また、保存が効くのもその特徴です。

その他にも、それぞれの特徴が光るチーズの種類はたくさんあります。
イタリアではあらゆるピザやパスタにチーズが使われています。
イタリアで食されている種類は何百種類にもなるそうです。
そんなイタリアの代表的なチーズとその特徴がhttp://www.stevekatzmusic.com/syuruitotokutyou.htmlで紹介されています。
私たちも食べる機会の多いモッツァレラもイタリア産なんですね。

好みのチーズを見つけて、自分なりの工夫を加えて食べたいですね。

このページの先頭へ